[宿]
コロナウィルスの対応について

こちらの記事では新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に関する対応についてお知らせさせて頂きます。

現在、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、ご宿泊者様の健康と安全、公衆衛生を考慮し、合掌民宿において様々な対応を行っております。

合掌民宿への宿泊を検討されている方、またご予約をされたお客様に事前に読んで頂き、安心して白川郷での観光を楽しんで頂ければと思います。

合掌民宿で行う対策

合掌民宿ではホテルなどと比較して浴室やトイレなど共用スペースが多いため、そういった空間での感染症対策を特に行っております。具体的な対策は下記の通りです。

  • 客室、居間、トイレ、浴室での除菌清掃の実施
  • 玄関、居間、客室での除菌用アルコールの設置
  • 食事前の全てのお客様に対するアルコール除菌

また、下記のように従業員やスタッフの感染症対策も徹底して行っております。

  • 接客時のマスク着用
  • 健康面、衛生面における管理の徹底

ご宿泊者様へのお願い

合掌民宿で行う新型コロナウイルス感染症対策の中で、下記の通りお客様へのご協力もお願いさせて頂いております。

  • チェックイン時における、全てのお客様を対象に検温、海外渡航歴の確認
  • 外出から戻られた際の手洗い、うがいの実施
  • マスクの着用

また、チェックイン時に37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、ご宿泊をお断りさせて頂く場合もございますのでご了承下さいませ。

その他の取り組み

最後になりますが、白川郷観光の際、多くのお客様が合掌集落を回られるかと思います。そこで各見学施設、土産店などでも新型コロナウイルス感染症への対策を講じております。

具体的には、アルコール消毒の実施はもちろんのこと、”密”を避けるために一度にご入場頂く人数を制限する場合もございます。こちらは混雑緩和策としての意味も持っており、お客様一人一人の満足度の向上にもつながると思っておりますので、どうかご協力頂きたく存じます。

事態の終息まで今しばらくかかることが予想されますが、合掌民宿では新型コロナウイルス感染症対策を徹底しておりますので、どうかご納得、ご安心の上、白川郷でのご滞在を満喫して頂ければ幸いです。