子グマ– Author –

子グマのアバター 子グマ

かなりの頻度で白川郷に出没する青年。
何度も足を運ぶうちに、合掌造りの維持や保存には相当な労力が掛かっていることや結(ゆい)の文化がなくなりつつあることを知り、よそ者の自分にでもやれることはあるはず!と意気込んで日々奮闘中。本メディアの責任者。

12