【 世界遺産白川郷:コロナ後の世界観 】オーバーツーリズムからコロナにより見えてきた地域本来の姿

コロナにより変化した観光地。今しか味わえない!本来の白川郷で思い出に残る滞在を!地域の持つ文化・住民への深い理解の下、民間企業としての地域/観光振興を軸に、人材育成・観光地経営を行う合掌ホールディングス(代表取締役CEO:鈴口悦子、本社:岐阜県大野郡白川村、以下「弊社」)は白川郷特有の風情を味わうことができる夏プランをリリースしました。
予約サイト:https://booking.owlting.com/yokichi_shirakawago_jp

背景

コロナ禍以前の白川郷には、国内外から年間216万人(2019年白川村役場統計データ)もの観光客が訪れ、多くの観光客で人がごった返していました。さらに、写真を撮ることに夢中になり無断で私有地内に入る観光客や、英語や中国語などの外国語が飛び交い日本でないような場となるなど、日本古来から紡いできた親しみあるのどかな風景とは言えない状況になっていたのです。しかし現在は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で観光客が激減したことにより、昔のような静けさや生活を取り戻し、いまでは白川郷本来の姿が戻ってきています。適切な人数の観光客を受け入れ、白川郷の歴史や文化をゆっくりと堪能してもらうことのできるチャンスとして、夏限定プランをリリースしました。

白川郷合掌民宿・夏プランとは?

◆目的

観光客が少ない今、白川郷本来の姿を味わうチャンスであり、アップデートした宿泊プランを通して古き良き日本の原風景での生活に 、どっぷり浸ってもらうため。

◆内容

・合掌民宿に宿泊し、白川郷での生活を肌で体感する。
・縁側で涼みながら静かな時間を過ごす
・星空を眺めながら近くの温泉へ行く
・地元の食材を使った郷土料理を堪能する
・早朝に茅葺の屋根から湯気がのぼる景色を見る

◆おすすめ理由

・夏の時期は、雪景色の印象が強い白川郷とは打って変わり、緑豊かな昔話の中のような世界。さらに、夏は涼しく快適に観光を楽しむことができる。
・村内には観光客がほとんどおらず、合掌民宿でも宿泊の組数を制限しているため、安心して宿泊できる。

素朴でゆっくりとした時間や、女将さんや他の宿泊者さんと接することを楽しむことができる方は、コロナ対策を万全にした上でぜひ白川郷にいらしてください。今しか味わえない白川郷本来の姿を、存分に味わってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次